2020年になり、いよいよ東京オリンピックが迫ってきました。

東京オリンピックは多くのボランティアの方々の協力を必要としていますが、気になるのが「英語」の問題です。

 

多くの外国人の方が来日される東京オリンピックの現場であれば、「英語が出来なければボランティアには参加出来ないのでは?」と思っている方も少なくないのではないでしょうか?

 

結論

 

結論から申し上げますと、東京オリンピックのボランティアには、英語が出来なくても参加できます。

東京オリンピックの公式サイトにも、以下のような記述があります。

語学力を必要としない活動内容も多くあるため、語学に自信がない方でも、ボランティアとして活躍したいという熱意を持っている方には、積極的に応募いただきたいと考えています。

 

ボランティアの活動内容は、「外国人の方と話すことを前提としているもの」だけではないので、問題なし!ということですね。

 

ただ、ということは裏を返せば、英語ができない・苦手だと、アナタのボランティアの活動内容が制限されてしまう可能性は大いにあるということです。

また、そもそも論として、「より楽しむためには英語が出来るに越したことはない」というのももちろんありますよね。

先ほどの記述の続きも、このようになっています。

外国から選手・大会関係者・観客が多く来日することや、ボランティアにも多くの外国人が参加することも想定されるため、外国語での挨拶や日常会話などができると、より楽しんで活動いただけるのではないかと考えています。

 

そういったことから、「英語ができない、、」と嘆くよりも、「良い機会だから少しでも話せるようになって臨もう!大会中も積極的に英語を使ってみよう!」という前向きなマインドの方が断然良いと思います!

 

以下で、英語を学ぶのにおすすめのものをご紹介しておきます!

 

「ちょっとでも使えるフレーズを覚えてみよう!」という方!

 

「英語力が拙くてもコミュニケーションを楽しみたい!」という方!

 

レンタルも出来ます(#^^#)



ポケトーク

おすすめの記事