インフルエンサーというと、主にSNSなどで多くのフォロワーを獲得している影響力のある人を指します。

近年ではさらにそこから進化して、「マイクロインフルエンサー」という概念も誕生しています。

 

そこでこの記事では、「マイクロインフルエンサ―」という新語の意味について解説していきます!

 

マイクロインフルエンサーの意味

 

マイクロは国際単位系の1つで、「非常に数が少ないこと」を指す場合に多く使われるワードです。

マイクロインフルエンサーの場合も同じ意味合いで、「フォロワーがむちゃくちゃ多いわけではないけれど、特定の層に影響力のある人」のことを指します。

 

従来のインフルエンサーの定義だと、フォロワーの数は少なくても数万人以上、多いと数十万人から数百万人くらい(もしくはそれ以上)です。

そして、そういったものすごく多くの人から支持を得ている人=インフルエンサーに目をつけ、企業がタイアップしたり、広告を依頼したりする形が一般的です。

 

ですが、そういった人達の場合、フォロワーの数が多い分、属性や興味の関心も様々です。

そのため、企業にとっては、的を絞った広告になりにくい、それなのにお金はたくさんかかる、、という問題を抱える傾向にあります。

一方、マイクロインフルエンサーの場合だと、フォロワーの数は少ないけれど、特定の分野に特化しているため、より効率的な広告を打つことが出来ます。

例えば、ジンギスカンのお店が宣伝を考える場合、以下の2つのケースであれば、後者の方が広告効果が高い可能性があります。

•肉料理を幅広く紹介している、10万人のフォロワーを持つインフルエンサー
•羊肉料理に特化して紹介している5000人のフォロワーを持つマイクロインフルエンサー

よりピンポイントの宣伝効果を狙うのであれば、必ずしも大量の人に支持されている人である必要がないわけですよね。

むしろ、マニアックな人であればあるほど、濃いファンがついているわけですから!

より低いコストで、より大きな宣伝効果を求める企業に注目されているのが、マイクロインフルエンサーであるというわけです!

 

まとめ

 

従来のインフルエンサーだと、「とりあえず数で勝負!」という感じで、どうしても宣伝効果が散漫になってしまいます。

どこの企業も、費用対効果の薄い広告手段に高いお金をかけてはいられないわけで、マイクロインフルエンサーのニーズは今後も高まっていくものと思われます!

あなたも、何かに特化したSNSなどを運営すれば、これまでには無かったようかオファーがあるかも!?しれません^ - ^

おすすめの記事