2019年に日本でラグビーワールドカップが開催されます。

日本国内ではラグビーはどちらかと言えばマイナーなスポーツです。

 

ですが、この大会を機に日本でもラグビー人気が高まってくれると嬉しい!

(僕も昔少しラグビーをかじっていたことがあります。)

 

ただ、そうは言っても、ラグビーについてよく知っている方はかなり少ないのが現状です。

ルールやポジションなどが分からないのはもちろん、「そもそもラグビーの試合って何分あるの?」という方が大多数だと思います。

 

そこでこの記事では、ラグビーのハーフタイムについて簡単に解説していきます。

 

テレビで観るにせよ、現地で観るにせよ、「そもそもハーフタイムって何よ?」という方もいらっしゃるかと思いますし、

「ハーフタイムが何分か分からないと安心してトイレにも行けない!」ということなので、(笑)

チェックしてみてください!

 

ラグビーのハーフタイフとは?

 

ラグビーのハーフタイムは、前後半40分ずつあるハーフの間に設けられる時間です。

意味としては主に「休憩」で、文字通り「休憩時間」と呼ばれることもあります。

他には、前半を振り返って作戦を練りなおしたり、確認しあったりするために使われます。

 

見るからに消耗が激しいラグビーはぶっ通しでやったら多分死人が出ます。(笑)

 

 

ラグビーのハーフタイムは何分ある?

 

ラグビーのハーフタイムは10分以内とされています。

「以内」ってなんだよ、と思われるかもしれませんが、そのあたりはけっこうアバウトです。(笑)

ただ、10分を超えることは基本的にありません。

 

つまり、観る側のこちらも、「ゆっくりトイレに行っている時間はない」です。(笑)

←またトイレの話

 

まとめ

 

あんまり細かいことを書くと、嫌になる方もいるかもしれないので(笑)簡単な説明をさせて頂きました。

 

試合全体の時間についても記事を書いているので、そちらもチェックしてみてください!

お読み頂きありがとうございました!

おすすめの記事