2019年に日本でラグビーワールドカップが開催されます。

日本国内ではラグビーはどちらかと言えばマイナーなスポーツです。

 

ですが、この大会を機に日本でもラグビー人気が高まってくれると嬉しい!

(僕も昔少しラグビーをかじっていたことがあります。)

 

ただ、そうは言っても、ラグビーについてよく知っている方はかなり少ないのが現状です。

ルールやポジションなどが分からないのはもちろん、「そもそもラグビーの試合って何分あるの?」という方が大多数だと思います。

 

そこでこの記事では、ラグビーの試合時間について簡単に解説していきます。

そもそも試合時間が分からなければ、テレビで観るにせよ、現地で観るにせよ、予定を組むこと自体が出来ないと思いますので、(笑)

チェックしてみてください!

 

ラグビーの延長・ロスタイムは何分?

 

まずこれをお話しておかないと全体の試合時間の話が出来ないので、こちらから手短にお話します。

 

ラグビーでは、選手の怪我や故障などでプレーが止まっていた時間をロスタイムとして加算します。

普通は1~3分程度の時間で、5分以上になることは滅多にありません。

 

ラグビーの試合時間の目安や平均

 

大学生や社会人のトップレベルの試合は前半40分後半40分の計80分で行われます。

前後半の間に、休憩時間(ハーフタイム)があり、これが10分以内とされています。

(休憩時間はけっこうアバウトです。ただ、10分を超えることは基本的にありません。)

 

これに先述のロスタイムが加算されるので、ゲーム全体の試合時間は最短90分くらい、最長で96分くらいということになります。

「約1時間半くらい、どんなに長くなっても2時間は超えない」という風に考えておいてもらえれば、問題なく試合観戦も出来るかと思います!

 

まとめ

 

ラグビーについては、知らない人は本当に何も知らないという感じです。

テレビでもほとんど放送されませんし、学生時代に体育の時間でプレーするといったこともないので、仕方ないと言えば仕方ないのですが、

本当に面白いスポーツであることは間違いないです。

(僕の知り合いでも社会人になってからラグビーを知って、応援狂になった女子がいます。(笑))

 

まずは少しずつでいいですし、何からでもいいので覚えていってもらえると嬉しいです!

この記事がそのきっかけになってくれたらうれしいなと思います。

お読み頂きありがとうございました!

 

【ラグビーワールドカップを全試合放送するのはスカパーだけ!】

スカパーをチェック

おすすめの記事