2019年に入ってから特に、サッカーの試合でDOGSO(ドグソ)というワードを耳にする機会が増えました。

サッカー用語は日々新しいものが登場しますが、それまでに存在したワードの派生であるものも少なくないです。

 

ただ、DOGSOに関しては全く聞き慣れないワードであることもあり、「なんじゃそれ?」という方もまだまだ多いはず。

そこでこの記事では、そんな「DOGSO」について解説していきます。

 

DOGSOの意味

 

DOGSOは略語で、「Denial Of an Obvious Goal Scoring Oppotunity」の略です。

そのまま訳すと「明らかにゴールを奪える機会の阻止」となり、

より日本語的な表現にすると、「決定的な得点機会の阻止」となります。

 

DOGSOの条件

 

DOGSOに該当するプレーかどうかを判断する条件は以下の4つの要素があります。

① プレーの方向

② 反則とゴールとの距離

③ 守備側競技者の位置と数

④ ボールをキープできる、またはコントロール

 

つまり、以下の度合いが強ければ強いほど、DOGSOに該当する可能性が高くなるということ!

① 攻撃側がゴールに向かっている

→攻撃側の体の向きがゴール方向のベクトルであればあるほど、決定的な得点機会になる(なりえた)

② その反則自体が重い またはゴールに近い場所で行われた

③ 守備側が攻撃側から離れている 数が少ない

→本来であれば攻撃側が非常に優位で、ゴールを奪える可能性が高かった

④ 攻撃側がボールをキープ、コントロールできる可能性が高い

 

 

レッドカードが出るのはいつ?

 

DOGSOの意味や条件について一通り解説しましたが、

「じゃあどういうプレーがDOGSOに該当するのか?」

「イエローカードやレッドカードはいつ出るのか」という点に関しては、具体的な基準はありません。

 

「決定的な得点機会の阻止」に対する罰則は、これまでも当然ありました。

ただ、DOGSOに関しては「どういう条件を重視してジャッジするのか」について再定義しているだけです。

 

どういうプレーがどういう罰則になるのかという部分について、個々のプレーごとにジャッジされるという点においては、これまでと一緒です。

 

この曖昧な感じがサッカーの面白いところであり、逆に敬遠される理由にもなるところではあると思います。

最終的には、審判の裁量によってジャッジの結果は変わるということですから。

 

「DOGSO」「ドグソ」とやたらと叫ばれるようになった割には、「結局明確な基準はないんかい!」と僕自身思いましたし。(笑)

無駄に横文字を使っているだけで中身が伴ってないと思います。ぶっちゃけ。

 

サッカーは好きですけど、ルール(特にファウル)に関しての基準があまりにも曖昧なのは、はっきり言ってスポーツとして大きな欠陥かなと。

 

最近では、Jリーグ公式チャンネルでジャッジを検証するコーナーが出来ています。

 

これ、試みとしては非常に良いです。

ですが元を正せば、そもそもそんなコーナーが必要になることや、毎節のようにコーナーのネタが出てくること自体がおかしいんじゃないかと。

(しかも検証した挙句、意見が割れて終わってることの方が多いという、、)

 

とはいえ、DOGSOにもある程度の基準はあります。

前述のコーナーでは、そのあたりの議論も盛んに行われていますので、チェックしてみてください。

(精鋭たちが集まっても「結局答えは出てない感」は否めませんが、、)

 

 

色々文句(?)を言っているように聞こえるかもしれませんが、サッカーのレフェリーの方々は選手と同じくらい凄いと思ってます。正直、なぜほとんどの場合において正しいジャッジが出来るのか、意味が分からないレベルです。

一流の方々がリプレーをじっくり観ても迷うくらい、現代サッカーのジャッジが本当に難しいものであるのは間違いないです。

 

 

 

JリーグはDAZNで観戦しよう!

【DAZN】初月1ヶ月無料お試し

 

おすすめの記事