【Zerwee/Billy Cobb】 WEEZERへの愛憎が半端ないシンガーソングライターのEP。

いつもはただのお節介にすぎない、Youtubeの「あなたへのおすすめ」。

それで流れてきたのが、Billy Cobbの「Zerwee」というEP。

 

ジャケ(↑)の感じがなかなか良いなと思い、試しに聴いてみようと。

でも、多分、このセンス的にへなちょこインディー系だろうなと。

(ていうか「おすすめ」に出てくるほど、そっち系は最近聴いてないのだけど。。)

 

その予想は、、半分当たって半分外れるという感じ。

いや、むちゃくちゃインディーっぽい音で歌ではあるのだ。

 

だが、それより何より、「これは(ええ時の)WEEZERまんまやん」という感想が濃厚で。

、、と思ったのも束の間、EPタイトルのナメたネーミング(と、まんまなフォント)に気づいて。

 

動画の概要欄にはこう書いてある。

「I got tired of waiting for Weezer to release another good album so I made one myself:」。

 

なんやそれ。

でも、凄いですこれは。

 

Weezerをディスってるどころか、リスペクトに溢れすぎていて。

2・3曲目なんか、事情を知った上で聴いても、リヴァースが書いてリヴァースが歌ったようにしか聴こえません。

コーラスの具合が最高に笑えます。

 

Billy君のことは、今回初めて知ったんですが、他のアルバムは特にWeezerオリエンテッドな作風というわけでもないみたいで。

(まだしっかり聴けてないけど、どっちかと言うとBright Eyesとかに近い?)

 

謎が深まるばかりですが、間違いなくセンスのある人なので、

これでバズって普段の作風にもスポットが当たるようになればいいなと思います。

(バズを狙ってるなら、果たしてここをチョイスするのが正解なのかは微妙ですがw)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です